Kカーホイール塗装

先日、妻のKカーのタイヤ付きホイールをYオクで購入しました、昨年秋製造の新品同様で、大変きれいな物でした。

オークションでタイヤの中古を購入するのは、4度目になり、最初は失敗したのですが、もう大丈夫。

タイヤの中古をオークションで購入する場合、必ず気をつけておかねばならないことがあります。

それは、タイヤを残り溝で選ばず、製造年で選ぶということです。

製造年が新しければ、大体は溝も多く残っているものが多く、その中から選ぶということです。

ゴムは劣化するので、溝が多く残っていても何年も置きっぱなしの物は劣化して使い物にならないのです。 製造年がなるべく新しいものを選ぶと失敗がないようです。

ところでこのきれいな新品同様のタイヤ付きホイールなのですが、現在ついているノーマルの鉄ホイール。 最初はそのまま付け替えようと思っていたのですが、樹脂製のホイールカバーが付いているため、遠目で見た目がほとんど変わらないのです。

せっかくきれいな、いいホイールに変えても見た目が変わらないのは不満で仕方がありません。

そこで、最近の流行である、内側が黒で塗ってあるホイール風にしようと、塗装することにしました。

一日で終わらせたかったので、天気のいい日を選び作業開始!

最初は表面だけマスキングしたらいいので大したことはないと思っていましたが、実際にやってみると、一本に1時間半もかかってしまいました。 4本あるので、6時間・・・

そして凝り性な性格なのもで、市販品よりも上を目指し、黒は、ただの黒でなく、クリアーに少し黒を混ぜた、スモークブラックで、何度も塗り重ね、少し下地のシルバーを生かした半つや消し。

内装のシートカバーのラインに合わせ、赤のラインも入れることに。

(スポーツタイプだったら黒に赤ラインもありですね!)

塗り終わるころには、暗くなっており、スモーク加減が見えなくなって、次の日確認すると、ただのブラックでした。(塗装作業は、必ず日の当たる明るいところで。)

しかし手間をかけた分、最初のシルバー1色とは雲泥の差で、たいへん満足です。

Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us