折れたロッドの修理

09.25.2016

 

釣りをされている皆さん、愛用のロッドが折れて、泣く泣く買い替えたことはありませんか?

 

実はロッドの折れの修理は意外と簡単にできるんです。

 

今回は、ルアーが根掛かりしたときに、竿先のガイドに糸が絡まったまま引っ張ったので、写真のように、さお先がバラバラに折れました。しかも途中の部分がなくなっていました。

 普通の人ならこれが直せるとは、微塵も思わないことでしょう。

 

以前、竿先を折って、2ピースの竿先だけを購入したら、ロッドが、1万ちょっとだったのに、竿先は7000円しました、部品として購入すると、定価で買わなくてはならないためです。

 

ではどうやって修理するか、解説いたします。

 

まずは、使わなくなった竿や、折れたロッドを、日ごろから修理部品として取っておかなくてはいけません。

 

手持ちの修理用部品を見てみると、渓流用のカーボンロッドの竿先が、私を使ってくださいと言わんばかりに、ちょうどいい長さと太さで、袋に入っていました。

 

これは、渓流用のパックロッドの先で、かなり堅めのカーボンだったので、ちょうどよいかと思われます。

 

修理するロッドはルアー用の8.6フィートのもので、ロッドのタイプとしては、全然違うのですが、さおは、太いところからだんだん細くなっていくので、修理用としてのロッドを一本持っていれば、大体折れたところに合う太さの部分があります。

 一番上が、今回使用する、私を使ってと言ってきた、見るからにちょうどいい太さと長さの竿先。

 

真ん中が折れたロッド。

 

下が、つなぎに使うために切った別のロッド、切って塗装を落とした茶色の部分を使用。

これはグラスの1000円くらいの安物ですが、つなぎに使うものはグラスでもカーボンでも何でも構いません。

 

つなぎに使う部分は、内径が修理部分とあっていなければいけませんが、外からでは内径はわからないため、勘で少し余分に長めに切ります。(やすりで塗装を落とした、茶色の部分です)最終的には、この竿先だと4.5㎝の長さがあればいいと思います。(太い部分はもっと長く必要)

 

真ん中左と、一番上を下の茶色の部分をかぶせて補修します。

 

ここからはちょっと時間がかかりますが、このつなぎに使うロッドの切れ端に、修理するロッドが、真ん中できっちりとハマるように、やすりで削ったり、細いドリルの先や、細い丸ヤスリで、内径を広げたりして、何とか理想に近づくよう削ります、が、なかなか思うようにはいかないので、ある程度にしておきます。

 

大体合うようになったら、エポキシボンドを、補修するさおの内部などにきっちり詰め、取り付けます、あ、その前に、今回は、ガイドを折れた竿から外して、PEラインなどで巻いて取り付けておきます、竿先のトップガイドは、ライターであぶると取れます。

ボンドはPEラインをまいたガイドの部分にもつけます。

 

エポキシボンドは、5分硬化型などありますが、中にボンドをつけてから、補修部分にPEラインを巻いたりする場合もあり、90分硬化型やそれ以上遅いものがいいと思います。

 

あとは乾いてからロッドと同じ色を塗って仕上げれば、よく見ないと修理したかわからないほどです。

 

今回は竿先だったので、ガイドがなく、竿先を、つなぎの下から通すことができたので、理想に近い形で修理できましたが、ロッドの中央や根本が折れた場合は、ガイドを全部外して、下から通すのは、めんどいので、そういう場合には、つなぎの上部分一か所にカッターで切れ目を入れ、無理やり突っ込んで、後で、PEラインなどをまくことになります。

 

強度は大丈夫なの、と思われるかもしれませんが、今まで何十回もこの方法で修理していますが、補修ヶ所や、付近が折れたことは一回もありませんし、ロッドの感覚も全く変わりません。

 

(竿の内側に芯を入れる方法では、見栄えはよくなりますが、強度的にすぐに折れます。)

 ただ一つの欠点は、私の古いロッドは、4か所も補修箇所があり、非常に長持ちするため、新しい竿が買えなくなることです。

 

これはこれで悲しーい。

 

 

 

 

Please reload

May 31, 2019

May 18, 2019

September 14, 2018

November 14, 2017