小規模独立型太陽光発電の勧め

05.23.2016

皆さんは、太陽光発電というと、屋根一面に太陽光パネルをつけた状態を想像されるでしょう。

 

そして、うちは無理、お金がないから。と思われることと思います。

 

一般的に太陽光発電をされているところは、屋根一面に太陽光パネルをつけていますね。

 

そうすると、200万円近くかかり、これでは、たいていの方はあきらめられると思います。

 

でも、3万円くらいでできたら、どうでしょうか?

 

 

規模を大きく、たくさん発電して、余った電力を電力会社に売ることを、売電型と言います。

 

それに対し、独立型とは、バッテリーなどに蓄電し、そのシステム内で、発電→電気使用を行い、電力会社などにつながっていないものをいいます。

 

 

例えば、私が気に入って使っている充電型電気スタンド。

 

左は980円でしたが、これなども独立型太陽光発電といえるかもしれません。、
(ただし、太陽光パネルは、秋月電気商会の携帯用発電パネル2枚を、エポキシで埋め込んで改造していて、充電池も100円ショップの充電池と交換してあります。)

 

右はIKEAで購入した、2980円のスタンド、こちらはそこそこ作りがいいので、
そのまま使えています。

 

これらの規模を少し大きくしたものが、独立型太陽光発電といえると思います。

 

私は、10年位前から、システムを組んでおり、10年前は、URに住んでいました。

 

そう一軒家でなくてもできるんです。

 

 

ベランダの手すりに50Wのパネル(80cmX30cm)を2個取り付け、充電コントローラー(3000円くらい)を通し、車用の中型バッテリーにつなぎ、インバーターで、100Vにし、テレビを見ておりました、

 

天気のいい日には、3~4時間くらい見れていました。そのくらいですと、3万円くらいでできます。
 

こちらが今のシステムで、かなり込み入っておりますが、簡単なものを、電気回路好きの私が、わざと複雑化したものになります。(笑)

 

まず、このシステムを組むのに考えたのが、何に太陽光発電を使うかです。

 

あまり電気を食うものでなく、毎日使用するもの。ということで、部屋の明かりを、太陽光発電で、まかなうことにしました。

 

現在、リビング、キッチン、私の部屋、2階の一室の明かりをまかなっています。
 

これらはすべて、従来の蛍光灯などと、並行して使用できるようにしてあります。
梅雨時期や、冬など、曇りや雨が続くときは、電力が賄えないためです。

 

このシステムで、すでに5年くらい経っておりますが、やはり、一年で、2か月くらいは、活躍できない時期があり、発電量や、バッテリーを増やしたりすればいいのかもしれませんが、今はこれで満足しています。

 

それでは具体的に説明したいと思います。

 

まず、太陽光パネルは、前出の50W2枚、写真の100W2枚を、並列につなぎ、300Wとなっています。
(100Wパネルは一枚10000円くらいです、国産ではありません)

 

コントローラーは、10Aですが、パネルから、実質7~8A出ておりますので、もっと大きなものがいいかと思います。

 

それを、バッテリーHITACHI製トラック用150Ah→12Vを24Vにする昇圧コントローラー→LEDとつないでいます。

 

ではまずバッテリーですが、バッテリーには2種類あり、よく皆さんが知っている、車用と車いすなどに使われる、ディープサイクルバッテリーです。

 

車用バッテリーは、大体いつも満充電で、保たれておかなければならず、一度使い果たしてしまうとダメになると言われていて、ディープサイクルバッテリーは、何度も充電→空を繰り返しても大丈夫なようにできており、一般的には太陽光発電用は、ディープサイクルバッテリになります。

 

最初ディープサイクルバッテリーで世界的に有名なボイジャーを使用したところ、1年弱しか持たず、1年保証がついているので、交換してもらい、使用したら、また1年しか持たなかったので、あきらめ、HITACHIのトラック用の大きなものに変えました、

それと同時にバッテリーの寿命を延ばす、バッテリーのびー太君をつけたところ、今3年目使用できています。

 

(バッテリーの話ですが、バッテリーは、ニッケル水素電池や、リチウムイオン電池など、日本製が大変優れており、諸外国製との性能の差は月とスッポンです。)

 

バッテリーの12Vを昇圧回路で、24Vにして、1WLED7個直列、(抵抗なし)で使用しております。(7個直列を何組か並列にして使用)

 

LEDは、日本で売られているものを使用すると、大変高くなるので、ebayで台湾などから購入し、安いものを使用しています。

 

(50個で、1200円くらいで手に入りますが、品質はばらつきがあり、よく切れます、その都度切れたものの交換の手間が必要ですが、何せ安いので・・・)

 

また、スイッチを付けると配線がめんどくさいので、写真のリモコンコントローラーを使用しています。スイッチと明るさが無線でコントロールできます。ebayで500円くらい、

こちらは壊れません、優秀、優秀。

手持にキャンピングカーなどにつける、サブバッテリーチャージャーがありましたので、それも付け、2階照明用に普通車用のバッテリーをつけ、それも組み込んでいますので、このように複雑になっています。

 

(ほんとはこんなに複雑にはならないのですよ)

 

これで、停電しても普通に電気が付き、12Vを100Vにするインバーターもありますので、テレビも見ることができます

 

また夜も昼と同じ電気使用量で過ごすことができ、

 

また何よりも、晴れると2倍うれしいという普通の人にない喜びも味わうことができますので、大変満足しています。

 

 

Please reload

May 31, 2019

May 18, 2019

September 14, 2018